胃がん検診を探す

胃がん検診とは

胃がんは日本人にとってもっとも多く罹患する癌であり、とても身近な病気です。長年にわたり、悪性腫瘍による死者がもっとも多い癌でしたが、現在では肺がんに抜かれて2位になっています。それでも、まだまだ頻繁に起きるものとして認識しておかなくてはなりません。胃がんは無症状のうちに検診を受診し、早期のうちに治療すればほとんど治癒が可能です。

胃の検査方法として一般的なものは「胃のエックス線検査」によって行われます。バリウムを飲んで透視台に乗り、様々な角度から撮影することで、病変部があった場合はその部分が黒っぽい影として現れます。 その他にも「胃内視鏡検査」や、血液の検査からわかる「ペプシノゲン検査」、「ヘリコバクターピロリ抗体検査」などがあります。

※受診の目安:40歳以上、年1回