PET検診を探す

PET検診とは

PET検査(ペット)とはがんを検査する方法のひとつです。「ポジトロンCT」とも呼ばれています。

活発ながん細胞は、正常な細胞に比べて通常3~8倍近くのブドウ糖を体に取り込んで消費します。PET検査はその性質を利用した検査で、ブドウ糖によく似た構造のFDG(フルオロデオキシグルコース)という薬剤を注射した後、それをPET装置で撮影し、FDGの集まり方を画像化して診断するものです。がん細胞だけに印をつけ特殊なカメラで映像化し診断する検査方法であり、早期発見に非常に有効な検査と注目されています。

ペット検査の特徴としては一度に全身撮影可能なため「がん」転移判定に役立ちます。ペット検査は衣服を着用したままで検査ができますので女性にも優しい検査です。ペット検査は30分程度で準備を含め約1時間半前後が検査時間です。