肺がん検診を探す

肺がん検診とは

肺がんは、日本のがんによる死亡数のトップになっています。無症状のうちに検診を受診し、早期のうちに治療すれば約8割が治るようになりました。

肺がん検診での検査内容は問診、胸部X線検査に加えハイリスクの人は肺X線検査や喀痰細胞診があります。 胸部X線検査は気管支の末梢にできやすい腺がんの発見に有効です。50歳以上でヘビースモーカーなどのハイリスク群には扁平上皮がんができやすく、これにはたんの中のがん細胞の有無を見る「喀痰(かくたん)細胞診」が有効なため、併用がすすめられます。

最近では、より早期に肺がんを見つけるためにCTによる肺がん検診が注目されています。まだ、まだ広く普及はしていなく医療施設に限りはありますがCT検診による発見率は、間接写真による検診よりも高いとも言われてます。

※受診の目安:40歳以上、年1回です。