婦人科検診を探す

婦人科検診とは

「婦人科検診」とは、集団検診の対象である子宮頸がん検診に加え、婦人科疾患(女性骨盤の疾患)全般のチェックを行う検診です。この検診で発見される可能性のある病気は子宮の病気(子宮頸がん、子宮体がん、子宮肉腫などの悪性腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症など)、卵巣の病気(卵巣がんや卵巣のう腫、卵巣内膜症性嚢胞など)のほか、子宮、卵巣の感染症(性感染症を含む)など様々です。たとえ良性病変でも、放置すると進行して不妊の原因となったり、様々な症状を引き起こし日常生活にも影響のあるような病気になりえる可能性もあります。ぜひとも成人女性には数年に一度は婦人科検診にて骨盤内のチェックをしていただきたいと思います。
また、婦人科検診という名称に検診内容に関する明確な定義はありません。乳がん検診を含めて女性特有の病気を対象とした検診として位置づけたものもありますし、レディースドックとの区別も曖昧です。ここでは子宮、卵巣といった女性骨盤の病気を対象とした検診に限定して解説します。実際に検診を受ける際には検診メニューをご確認下さい。

婦人科検診の検査内容

血液検査 子宮頸部細胞診 骨盤部超音波検査
骨盤腔MRI検査 骨盤部CT検査 性感染症の検査

婦人科検診を受けるタイミングは?

女性特有の病気と一言にいっても非常に沢山の種類の婦人科疾患があります。子宮がん検診だけでは十分とは言えないことはご理解いただけたと思います。がんの早期発見が大切なのは言うまでもありませんが、子宮筋腫や子宮内膜症のような頻度の高い良性疾患も様々な症状を起こし、不妊の原因ともなります。日常生活のクオリティを著しく損ねる可能性があるこのような良性疾患を無症状の間に発見しておくことは大切と思われます。20歳後半から30歳までにも1度は受診することをお勧めします。また30歳以上の女性はライフプランの観点からも一年に一回婦人科検診を受診し、自分の体と向き合うこと時間を設けることをおすすめします。怖がらず、婦人科がもっと身近になることが望ましいでしょう。

【執筆】 松尾 義朋先生 放射線科専門医
イーサイトヘルスケア株式会社 代表取締役