検査やコースの説明

人間ドックや検診後に受け取った検査結果、診断結果に記載されている各項目について解説しています。

基本検査について

健康診断

診察や検査で健康状態を調べることで健康維持や疾患予防・早期発見に役立てることができます。 健診とも呼ばれます。 健康診断には、学校や職場で行われる法令により実施が義務付けられているものと、受診者の意思で任意に行われる(自由診療)ものがあります。この任意に行われる健康診断に、人間ドックが含まれます。 なお、特定の疾患の発見を目的としたものは検診(胃がん、乳がん検診など)と呼ばれます。

特定健診

2008年4月より始まった40歳~74歳までの公的医療保険加入者全員を対象とした健診のことで、「メタボ健診」と呼ばれています。メタボとは、メタボリック・シンドロームと呼ばれるもので生活習慣病を起こしやすくさせます。内臓脂肪を減らすことで生活習慣病の発症を防ぎ、病気予防することを目的としています。健診の対象者は生活習慣病のリスクに応じて危険度により保健指導を受けることになります。

法定健診
(雇い入れ時、
定期健診)

労働安全衛生法により、事業主が労働者を雇入れた際および1年に1回、定期的に実施することが義務づけられている健康診断です。
既往歴や業務歴の調査、身体測定や視力、聴力検査、胸部X線検査、尿検査、血液検査など、法律で定められた検査項目を実施します。

身体計測

身長と体重を計測します。肥満度を調べるBMIを算出します。
メタボリックシンドロームの健診として腹囲測定などを実施する場合もあります。

血圧

血圧とは心臓が全身に血液を送り出す際に、血管の中にかかる圧力のことを指します。
心臓が血液を押し出す収縮状態の血管内の圧力を「最高血圧」、心臓の収縮が戻った拡張状態の血管内の圧力を「最低血圧」といいます。
最高血圧の値により、高血圧症、腎疾患、動脈硬化、高脂血症、脳血管疾患などを疑うことができます。また血圧が高い状態のままにしておくと、脳出血や心臓病などの原因になることがあります。
判定結果が正常値内でない場合、放置していると悪化したり、治療が必要な可能性もあります。早めに専門医へ相談し、適切な指示を受けることをおすすめします。

尿検査

尿タンパク、尿潜血、尿糖などを調べます。
尿には体内の水分を調節、不要な物や老廃物を排泄する働きがあり、全身の血液や体液の成分を一定に保っています。腎臓・尿道に異常があると、機能不順となり、尿の成分や性質、量などに影響が出ます。

視力検査

視力の異常有無を調べる検査です。
乱視、近視、遠視などのほか、白内障、緑内障などでも視力に異常がみられることがあります。

眼圧検査

眼球の内圧を測定する検査です。眼圧計を角膜に接触させて行うものと、角膜に向けて表面を噴射して眼圧を計測する方法があります。
眼圧の高さで眼球の異常(緑内障や高眼圧症など)を確認できます。

眼底検査

眼底の血管、網膜、視神経を調べる検査です。目の病気だけでなく脳の病気(脳腫瘍など)や、動脈硬化、糖尿病などによる血管の異常を推測できるなど、さまざまな病気について調べることができます。

聴力検査

難聴の有無、また難聴がある場合はその程度を調べる検査です。
外耳や鼓膜、耳小骨といった、音の振動を伝える部分に原因がある「伝音性難聴」、内耳から脳までの間に原因がある「感音性難聴」、両者の混合性難聴もあります。