心臓ドックを探す

心臓ドックとは

心臓ドック検診とは心臓病による突然死を回避するために、狭心症の診断を早期に行い、無症状の狭症を発見するのが目的です。

心臓に血液を供給する血管が細くなり、一時的に心臓の筋肉へ酸素の供給が不足した状態を、狭心症といい、また心臓血管の細くなったところに血の塊が詰まって酸素と栄養が供給できなくなり、そこから先の心臓の筋肉が死んでしまうのが心筋梗塞です。現在、早期に発見された狭心症などは、比較的容易な治療で改善しますが、重篤な心筋梗塞の場合、残念ながら手遅れになる場合もあります。

心筋梗塞は突然死の原因の主なものであり、がん・脳出血などとならんで、現代人を襲う三大死因の一つです。心臓ドック検診で行う主な検査は次の3とおりの検査を行います。

また最近ではCTを使った心臓ドックもありますが、日本で受診できる医療機関はまだ限られています。